社会保険労務士試験の合格後は何するのか

社会保険労務士試験に合格したからとはいえ、まだ開業はできない。 独立するにはたくさんの手順があり、開業だけでなく企業への就職に資格を活かすこともできる。
試験に合格し全国社会保険労務士会連合会に登録をし会社に勤めている者は勤務社会保険労務士と呼ぶ。 試験に見事合格し、会社に勤めず事務所をもち独立するものが開業社会労務士と呼ばれる。
社会保険労務士の試験は人事、社会保険の法律の知識を持っているので、企業の人事や総務に重要がある。 資格取得の手当てを出してくれる企業もあり、大体3~5万円の手当てを付けてくれるところがある。 ベンチャー企業や個人経営の企業の場合は資格だけ持っているだけでは優遇されず実務経験を重視する。
全国社会保険労務士会連合会に登録するには、人事総務や労働組合で2年以上の経験がなければならない。 2年以上の実務経験がなくても、労働・社会保険所法令関係事務指定講習を受ければ社労士として登録が可能。 労働・社会保険所法令関係事務指定講習の費用は7万円で、指導に4ケ月、面接指導4日間で完了になる。 申請後に連合会から登録証票が届いたところでやっと社会保険労務士を名乗ることができる。 登録費用は全部合わせて15万程度かかり、社会保険労務士会ごとに差がある。