社会保険労務士の概要について

社会保険労務士とは、労働関連法、社会保障法の申請書、届出書、報告書など書類作成の代どを行う者である。 企業を経営するため社会保険などの相談、指導を行う事を職業とする為の資格である。 略して「社労士」や「労務士」と呼ばれることがある。 ラテン文字の各頭文字を取って「SR」とも置き換えられ、呼ばれることもある。
社会保険労務士のバッチは、菊の花びらの中央にSRの文字が付されている。 ファイナンシャル・プランナー資格やDCプランナー、DCアドバイザー資格を合わせ持っている者。 税理士、中小企業診断士、行政書士といった他の資格を保有し、多角的な活動を行う実務家最近いる。
企業からの依頼で、従業員に対する様々な事務処理をおこなう。 依頼を受け、人事の雇用、労務に関する相談や指導などをやるのが社会保険労務士である。 企業から給与の計算、労働被害、通勤被害などの申請や事務手続きを行うことができる。 雇用保険においての申請や事務手続きを会社から依頼を受ける。 賃金、退職金、年金制度の構築をいたくされ、それを仕事としてやっていく者。 労働安全衛生にかんする相談や、指導をしていく。 個人からの依頼は年金、労働などにともなう相談を受ける。