社会保険労務士の歴史

1960年代の経済の急激な成長により、企業からの保険料の増加、同時に社会保険制度が複雑化した。 社会保険制度の複雑化、申請や給与に関わる事務手続きが特にベンチャー企業にとって困難になったため。
労使間の対立やストライキなどの問題もあり、人事、総務の仕事を請け負う職業が生まれた。 それまで行政書士が請け負ってきたが、1968年に社会保険労務士法が制定された。 はじめは社会保険労務士件というものはなく、行政書士が資格を取得し、約9000人が社労士となった。
社会保険労務士という国家試験が誕生したのは、社会保険労務士法が制定された昭和43年のことである。 それまで、旧労働省関連の労務管理士ち旧厚生省関連の社会保険しという名称の資格があった。 誕生して23年になり、弁護士や税理士などに比べて歴史は浅く、これから業態は拡大していくと考えられる。
2007年には政府が進めた司法改革により、ADR制度の代理も任されたので今後さらに業務が拡大する。 2007年4月に司法制度改革により、裁判外紛争解決手続聖堂の代理兼が認められた。
現在では社会保険労務士と行政書士は別の分野にあたり、資格内容も全然違う。 業務を行う場良いは、厚生労働省指定の特別研修を修了し、紛争解決手続き代理業務試験が合格条件。