Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.

社会保険労務士の概要について

社会保険労務士の仕事や魅力

社会保険労務士は人事労務と社会保険のプロフェッショナルと言えるであろう。 主に一般企業の総務がやっている仕事が社会保険労務士の業務にあたる。
近年、政治の「年金改革、年金問題」によって一気に社会保険労務士の知名度があがった。 年金相談などのコンサルタント業務、相談より、保険の加入手続き、年金保険の月額算定届などの事務が多い。
魅力としては、会社の従業員のためを考えた環境づくりに貢献できる仕事であるということ。 自宅開業も可能なので、低資本で開業ができ、リスクが低いのも魅力的なポイントのひとつである。 人生で社会保険や労働保険は嫌でも考えなければならないもので自分にも役に立つし友人にアドバイスできる。
保険などの事務仕事を総務や経理でやる会社もあるがその手間を省いて外注しコスト削減を図ったりする。 開業労務士の場合、顧客苦行と契約を結び、顧問報酬が得られるようになれば毎月安定した収入が得られる。
開業登録をしたら、パソコン、プリンターなどの機器さえあれば設備投資もいらず自宅で開業が可能。 開業社労士の魅力は顧問契約を結んだ企業と長年に渡り継続して付き合っていくので仕事と収入が安定する。 仕事だけで知識を使うのではなく、友人や、知人に手を差し伸べられ人助けができる」魅力がある。

Comments are closed.